中小消費者金融一覧表

ご自分の借入状況と審査基準を照合してみましょう

ネットで借入先を探している人の大半は、複数の借入があってなかなか審査に通らない状況にあると思います。借入がないような方は、何もわざわざ融資先を探すまでもなく、どんな貸金業者でも審査に通るはずですから。そんな方は、一番融資条件の良い大手銀行系カードローンを利用すべきです。

審査で注意するポイント

借入先を選ぶには、金利と審査基準の比較をすることはトップページでも記述しましたが、最大限度額についてはあまり気にしないほうがいいでしょう。各金融業者毎に最大限度額は相違しますが、最初の申し込みの時点で最大限度額など借りれるわけがなく、せいぜい借りれて50万円が限度です。

最大限度額とは、何年も利用実績を積み重ねた上での融資枠のことで、最初からそんな融資枠が付加されることはまずあり得ません。特に審査が甘い系の業者になってくると、最大限度額は10万円程度に抑制されてきます。

借りやすい中堅中小消費者金融一覧表

現在、全国では約1700社の貸金業者が存在しますが、その中でも一番多いのがこの中堅中小の諸費者金融会社です。銀行資本をバックにした大手消費者金融には金利や金融サービスでは歯が立たないものの、融資基準の緩さにおいては勝っています。大手で審査に通らなかった人でも、中堅業者なら審査に通る可能性が高いということです。

中堅

中堅中小消費者金融

  • 対象:大手の審査に通らなかった人、借入件数が3件〜6件前後
  • 審査:大手よりは各段に甘い
  • 金利:15.0%〜18.0%

審査基準の緩い零細消費者金融一覧

かつてはこういった個人の零細業者が全国には星の数ほどあったものですが、現在ではわずかになってしまいました。現行の出資法が定める上限金利(18.0%)では到底引き合わないというのが彼らの思いでしょう。

なぜならば零細業者が主に顧客としているのは、中堅消費者金融でも借りれないような多重債務者であるからです。そのような貸し倒れのリスクがある人間に、法定金利で貸し付けるのはかなり無理があるといっていいかもしれません。こういった理由で、現在では希少な存在になってしまいました。

零細

零細金融

  • 対象:中堅金融で審査に通らなかった人、多重債務者
  • 審査:一番審査基準が甘い
  • 金利:18.0%〜