債務整理

カードローンの申し込み方法

ネット環境があればPCやスマホから24時間いつでも簡単に融資の申し込みが可能です。金融会社の窓口には出向かなくてもいいのです。web申し込みでも当日融資が可能なので、自宅に居ながらキャッシングが出来るということです。

但し、申し込み完了後、自宅へ確認の電話と勤務先への在籍確認の電話は実行されます。また、信用情報機関へのデータ調査もされますので、審査の内容は窓口審査とほぼ同じです。

もしも勤務先などが記載内容と異なっていれば、審査に落とされてしまいますので、誤字脱字がないよう注意して入力して下さい。但し、信用情報機関の事故情報に登録されている人については簡単にはいきません。

何しろ数年前に破産をして借金を焦げ付かせているのだから、信用はまったく無いと思われています。ブラックに融資をするようなリスクの高い金融業者がはたして存在するか否かになります。

また、借入審査の際には必ず申し込み用紙に記載した勤務先への在籍確認があります。もしも在りもしない嘘の会社を記載していれば、この時点で審査は終了です。

もしも仮に無職でもキャッシング可能といった広告を出している業者があるならば、それは正規の金融業者ではありません。クレジットカードを利用した現金化業者ですので、お間違えないようにして下さい。

お金を借りる前に

金融業者からお金を借りれば必然的に金利を支払う義務が発生します。お金を借りる前に、もしも不動産等などの資産がある場合は、換金や質入をするとよいでしょう。

身近な物を探せばイロイロと換金可能な品があるものです。たとえば、書画、骨董品、宝石、宝飾品などは古美術商や古道具屋へ持参すれば換金可能ですし、盆栽や観葉植物、ゴルフの会員権なども隠れ財産として換金が可能です。

まず資金がどうしても必要とする方は、身近な隠れ財産のチェックから始められるとよいでしょう。

0