債務整理

民事再生

消費者金融からの借入が増えてしまった結果、返済が不能に陥った場合、何らかの解決手段を考える必要が
あります。夜逃げをしたりするのも一つの手段ですが、それでは何の解決にもなりません。

幸いなことに、国内では返済不能に陥った人を守る法律が存在します。折角そのような法律があるのですか
ら、活用しない手はありません。

任意整理とは貸金業者と交渉をして返済方法などを取り決めする制度ですが、消費者金融側が交渉に応じな
い場合は民事再生を実行するしか手立てはありません。

借金の大部分が免除

民事再生とは、裁判所に申し立てをして借入金の大部分を免除してもらって、生活の再生をはかる制度です。
債務者にとったら実に都合のよい法律ですが、金融業者側にとってみれば自己破産をされて全額回収不能
になるよりはましということで、たいていの場合は同意を得ることが多いようです。

民事再生の手順は、まず再生計画案を提出して金融業者の同意と裁判所の認可を得る必要があります。住宅
ローンを除く借金総額が5000万円以下の個人が利用できる制度で、自己破産をせずに生活を立て直せる
ことが最大のメリットです。

基本的に、1000万円の借入がある場合は、五分の一程度に減額され、原則として3年で分割返済をして
いきます。ただし、やむを得ない事情がある場合は5年までの延長があります。

0

民事再生の条件

ただし、誰でも民事再生を利用できるわけではなく、以下のような人が対象となります。

  • 借金総額が5000万円以下
  • 毎月の定収がある。(年金でも可)
  • 今後3年間の返済が見込める

返済不能に陥った場合