審査

保証人について

銀行などの金融機関やビジネスローンからの借り入れをする場合、必ず不動産などの担保か、保証人
を要求されます。保証人はいわば人的担保の色合い濃いですが、こういった担保がなければ融資が実
行されることはありません。

消費者金融のような個人の信用を担保として融資をするシステムとは違い、銀行やビジネスローンの
融資形態はあくまでも担保が優先されるからです。金融機関で要求されのは、連帯保証人と根保証人
です。

連帯保証人とは

一般の保証人と連帯保証人の違いは、保証人の場合は借主が返済を履行したとしても、まず最初に借
主のほうへ請求がいき(催告の抗弁権)、回収不能と判断した時点で保証人のところへ請求がいき
ます。

また、いきなり強制執行をかけられた場合でも、借主に財産があって執行が容易なことを証明した上
で借主に対して執行を促すことも主張できます。(検索の抗弁権

しかし、連帯保証人の場合はこれらの抗弁権の一切が認められていないばかりか、借主に請求しない
で直接連帯保証人に請求をしたり、直接連帯保証人に対して強制執行をすることが可能です。つまり、
連帯保証人というのは自分自身がお金を借りたのと、ほぼ同じ状態というわけです。

0

金融機関やビジネスローンから融資を受ける際、必ずこの連帯保証人を要求されます。仮に借りたお
金が返せなくなって自己破産をしたとしても、自身の支払いは免れたとしても、連帯保証人の支払い
責任は免れません。仮に連帯保証人になった人が家などの不動産を保有していれば、その不動産を差
し押さえされることにもつながってきます。

貸金業者の中には最初から連帯保証人の財産に目ぼしをつけているような業者もいます。できればこ
のような連帯保証人にはかかわらないほうがいいでしょう。

ちなみに、先進国の中でこのような保証人制度があるような国は、日本だけです。

根保証制度とは

根保証とは、保証契約の際に予め保証限度額を決めておき、その限度額の内であれば借主が何度借り
入れをしても、そのすべての借金を保証するという特殊な保証契約になります。

この根保証のシステムを知らずに保証契約をした人が、いきなり身に覚えのない多額の債務を負わさ
れるという事例が多発しました。そのため法改正によって、借主が当たらに追加融資を受けた際は、
その都度根保証人に通知しなければならないと規定されています。