カードローン

借りやすいカードローン

消費者金融といえば、一般的にみれば何やらきな臭いイメージが存在します。以前の名称のサラ金と比べると少しはマシになりましたが、やはり借金をすることは日本人にとって負のイメージが付きまとうようです。

しかし、カードローンはそれほど借金というイメージもなく、どこかファッション感覚で流行的であるかのような錯覚に陥ってしまいます。それほど消費者金融のイメージとは程遠いと言わざるを得ません。

その理由の一つとして、消費者金融は今すぐお金が必要な人がお金を借りるシステムであるのに対し、カードローンは審査に通ればカード一枚を渡されるのみで、必要な時に必要な額が借りれるわけです。

しかも銀行のatmでキャッシング可能であるため、さも自分の銀行口座から引き下ろしているように見えるのも、一つの利点といえるでしょう。

ただし、現在有名どころのカードローンの大半は大手メガバンク系列の金融商品なので、大手消費者金融と同様、審査は甘くないのが実態です。他社から複数の借り入れがあるような方は、まず審査には通りませんので、こういったカードローンは回避されたほうが得策です。

0

甘い審査のカードローン

そこで提案したいのは、多少の借り入れがあっても審査に通るカードローンです。中小消費者金融が発行しているカードローンなら、審査はそれほど厳しくなく、web申し込みで来店不要の業者もあります。借り入れ件数が4件前後なら、こういった中小カードローンを申し込むとよいでしょう。

中小以上に審査基準が甘いカードローンは存在しませんので、審査に通らない方は通常の消費者金融で借りて下さい。

カードローンの審査

カードローンのカード発行にも消費者金融と同様、審査があります。審査に通らない限り、カードが発行されることはありません。審査基準については、消費者金融や信販会社とほぼ同様ですが、いくぶんカードローンのほうが厳しく設定されているようです。

その理由は、カードローンは通常のサラ金業者よりも低金利で融資をしていますので、優良顧客を主に取り扱っているからです。

優良顧客というのは、他社からの借入も少なく毎月決まった定収のあるサラリーマンのことで、支払い能力が高いと判断された顧客のことです。

こういった顧客は借り入れ先を念入りに探す必要もなく、寧ろ金融業者のほうから「借りて下さい」と頼まれる存在なので、大手のどのローン会社でも審査に通るでしょう。